人気経営用語

事業部制組織
事業部制組織(じぎょうぶせいそしき)とは、機能別組織やマトリックス組織と並ぶ基本的な組織構造の一つで、提供する製品やサービス(ex.テレビ事業部、冷蔵庫事業部など)ごとで役割分担された組織構造です。 ...
機能別組織
機能別組織(職能別組織)とは、経営組織の構造の1つで、開発、営業、生産、人事、経理など業務内容別に編成した組織を指し、事業部制組織、マトリックス組織と並ぶ、企業における基本的な組織構造です。 機能別組 ...
仕掛品
仕掛品(しかかりひん)とは、製品の製造・加工する過程にあるものです。 そのままの状態では販売、貯蔵することもできない未完成品の残高を資産に計上する勘定科目で、棚卸資産に分類され流動資産となります。 そ ...
ジレットモデル
ジレットモデルとは、製品の本体を無料、または低価格で提供し、付属品を消耗品として継続的に販売することで利益を維持していくビジネスモデルです。 アメリカでは【Razor-Razorblade Model ...
前渡金
前渡金(まえわたしきん)とは、商品や原材料などの仕入前や外注サービスなどの受入前に、代金の一部または全部を先払いし、その金額を計上する勘定科目です。前渡金はまた、「前払金」と呼ばれることもあり、手付金 ...
インセンティブ
インセンティブとは、従業員の意思決定や行動を変化させるようなやる気付けや動機付けのことで、代表的なものに金銭報酬があります。 しかし金銭的報酬のみがインセンティブとなるわけではなく、後述しますが、上司 ...
短期貸付金
短期貸付金(たんきかしつけきん)とは、仕入先や取引先、子会社、従業員・役員などに対する貸付金のうち、決済日より起算して1年以内に返還される金額を資産の部に計上する勘定科目です。 1年を超えての返済が予 ...
意匠権
意匠権(いしょうけん)とは、知的財産としての意匠を自社または個人が独占的に利用することができる権利です。 意匠とは、例えば扇風機やペン、イヤホンなど、私たちの身の回りにあるものの形状や模様などのデザイ ...
社債発行費
社債発行費(しゃさいはっこうひ)とは、社債を発行するためにかかった費用を資産に計上する勘定科目です。 社債発行費は原則として営業外費用として処理されますが、『実務対応報告第19号 繰延資産の会計処理に ...
資本準備金
資本準備金(しほんじゅんびきん)とは、会社法の規定による法定準備金として積み立てを必要とする資本剰余金の金額を計上する勘定科目です。 資本剰余金は「資本準備金」と「その他資本準備金」に分類され、「資本 ...
貸倒損失
貸倒損失(または貸倒金)とは、売掛金や貸付金、受取手形などの債券のうち、取引先の倒産などの理由により回収がほとんどできなくなった損失額、いわゆる焦げ付き債権に対して計上する勘定科目です。 しかし、債券 ...
買掛金
買掛金(かいかけきん)とは、商品や原材料などを掛によって仕入した代金を計上する勘定科目です。 買掛金は商品や原材料などの仕入やサービス・役務の提供等を受けるなど、掛による仕入の度に債務として計上します ...
貸倒引当金
貸倒引当金(かしだおれひきあてきん)とは、売掛金や受取手形などの売上債権が回収不能になってしまう貸倒損失に備えて、期末に貸倒引当金をあらかじめ見積計上しておく勘定科目です。 貸倒引当金は「売掛金」「受 ...
有価証券
有価証券(ゆうかしょうけん)とは、株式、そして国債や地方債、社債などの証券、さらには投資信託受益証券、外国証券など換金性の高い証券のことです。 しかし、流動資産として扱われるのは売買目的で保有する株式 ...
商品
商品(しょうひん)とは、自社で販売目的のために仕入れた物品のことを指します。 製品との違いは仕入れたものを加工せずに販売する点です。 事業として販売・または転売する目的で仕入れた物品の残高を資産に計上 ...
雇用保険
雇用保険(こようほけん)とは、労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に、労働者の生活及び雇用の安定を図ると共に、再就職を促進するため必要な基本手当などの失業手等給 ...
受取手形
受取手形(うけとりてがた)とは、企業の取引によって取得した手形の金額を資産に計上する勘定科目です。 受取手形には、振出人が代金を支払う「約束手形」と振出人が支払人に委託する「為替手形」の2種類があり、 ...
貸借対照表
貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)とは、企業の資金の調達と運用状況、つまり一定時点の企業の財政状況を示す会計情報です。 また、貸借対照表が企業の財政状況を示すのに対し、企業の経営成績を明らかにす ...
役員報酬
役員報酬とは、取締役や監査役などの役員に対して、業務の対価として一定の支給基準によって定期的に支給する報酬を計上する勘定科目です。 役員報酬は定款で定めるか株主総会による承認を必要としており、使用人兼 ...
クラウド
クラウド(正式名称:クラウドコンピューティング)とは、自宅や社内に物理的にサーバーを置いて画像やテキストなどのデータを管理をするのではなく、インターネット回線を経由し、別の場所にあるシステムを利用する ...
売上高
売上高(うりあげだか)とは、商品や製品の販売やサービスの提供などの営業活動によって得た収益のことです。 売上高の計上時期は事業の規模や業種、業態、取引内容により異なり、「売上計上基準」という計上時期を ...
交際費
交際費(こうさいひ)とは、自社の事業活動に関わる得意先や仕入れ先、取引先などの接待や高裁に支出した費用の額を計上する勘定科目です。 お中元やお歳暮などの贈答から慶弔、慰安など広範囲にわたります。 相手 ...
プロダクト・ポートフォリオ・マネイジメント(PPM)
プロダクト・ポートフォリオ・マネイジメント、またはPPMとは、事業の魅力と自社の競争力をそれぞれ事業ごとに評価し、キャッシュを生み出す事業と投資が必要な事業を区別したうえで、自社のポジショニングを明ら ...
のれん / 営業権
のれん(または営業権)とは、企業の経営活動において形成された取引先、企業のブランド、従業員や組織を含む経営環境など無形の企業価値を計上する勘定科目です。 会社法施行前には、のれんではなく営業権と呼ばれ ...
売掛金
売掛金(うりかけきん)とは、営業取引における商品やサービスを掛売(後払い、ツケ払い)で販売し発生した金額、また、基本的に1年以内に回収できる金額を、資産に計上する勘定科目です。 売掛金は「得意先元帳」 ...
資本金
資本金(しほんきん)とは、会社組織を設立する際に出資者から払い込みを受けた資金のうち、会社法により規定されている法定資本の額を「純資産」に計上する勘定科目です。 原則として出資者は払込、あるいは給付し ...
製品
製品(せいひん)とは、企業の製造部門や製造業者が販売を目的として製造・加工した物品や生産品のことを指します。 また、製品には食料品や電気、石油などの有形財だけでなく、サービス、情報、アイデアなどの無形 ...
日本のフィンテックサービス
FinTech (フィンテック)とは、「Financial(金融)」と「Technology(技術)」から作られた造語で、ITを駆使した金融サービスを指します。従来の金融機関が担ってきた決済、融資、資 ...
損益計算書
損益計算書(そんえきけいさんしょ)とは、一定期間における企業の収益と費用を記載して当期純利益を計算し、その会計期間における企業の経営成績を明らかにする財務諸表です。 つまり損益計算書は、企業に1年間で ...
マトリックス組織
マトリックス組織とは、事業部制組織と職能別組織の特徴の両方を持ち合わせている組織構造のことです。 マトリックスとは数字や文字をタテ、ヨコに配列させらた数学でいう行列という意味で、上の図のようにタテに事 ...
規模の経済
規模の経済とは、生産規模を拡大していけば生産量の拡大に伴って製品一単位あたりの平均生産コストが低下していくことです。そのため一つの事業で大規模に生産設備が必要な業界で多く発揮されています。 1つの事業 ...
SPAとは
SPA(エス・ピー・エー)とは、自社ブランド商品の規格から販売までのすべてを自社で完結させるビジネスモデルです。 それまではアパレルメーカーが主導し商社や卸売り業者、小売業者がそれぞれの役割を行ってい ...
フリーミアム
フリーミアムとは、基盤となるサービスを無料で提供して多くの顧客を獲得し、ユーザーの一部に高度な機能や使い勝手のいい有料版を購入してもらい収益を増やしてゆくビジネスモデルです。 フリーミアムはアメリカの ...
ノンフリル
ノンフリルとは、余分なサービスを可能な限り省きながら、コアとなるとなるサービスの質を下げることはなく、省いた分だけ低下価格で利用者に提供するビジネスモデルです。 必要最小限のサービスに絞り込むことで無 ...
貯蔵品
貯蔵品とは、決算日の棚卸の時点で未使用かつ取得の際に経費または材料費として処理されていない消耗品や事務用品、切手・収入印紙、梱包材料や事業用に保有する燃料などのほか、使用可能期間が1年未満か取得価額1 ...
減価償却費
減価償却費とは、主に事業用の建物や機械、工具器具備品、車両運搬具などの減価償却の対象になる資産の取得価額から耐用年数に応じた金額を、費用として計上する科目です。 有形固定資産の減価償却方法は、原則とし ...
速度の経済
速度の経済とは、事業やその管理にかかるスピードを上げることによって経済的便益を得ることができる経済効果のことです。 具体的には、製品の開発・生産・販売の速度を上げたり、情報獲得のスピードや仕事のスピー ...
ロングテール
ロングテールとは、売れ筋の商品だけでなく、ほとんど売れない死筋商品も数多く取り揃え、死筋商品とそのニーズを持つ人々をマッチングさせより大きな売り上げをあげるビジネスモデルです。 これまでのマーケティン ...
範囲の経済
範囲の経済とは、取り扱う製品や事業の種類の増加に伴って製品やサービスの1単位当たりのコストが低下するという経済現象です。 つまり複数の個別に1つの製品を製造するよりも1社が複数の事業を行って経営資源を ...
原材料
原材料とは、製品の製造のために外部から購入した原料、材料、部品(購入部分品)で、まだ使用していないもののことです。 製品を製造するために仕入れた原料・材料・部品などの残高を資産に計上する科目で、決算時 ...
フランチャイズ
フランチャイズとは、優れた商品やサービスを持っている企業が、独立開業を目指す人や事業者に自社の製品やサービスを販売する権利や商標や照合、経営ノウハウを提供し、多店舗展開を目的としながらロイヤリティ収益 ...
密度の経済
密度の経済とは、ある特定のエリアに集中的に店舗などを展開すると主に運送費や広告費などのコストが低下するという経済効果のことです。 密度の経済の効果を得るためには、店舗や配送センターなどの運営費を上回る ...
建物付属設備
建物付随設備とは、建物に付随する、建物の資産価値を高める設備を資産として計上する科目です。 具体的には電気やガス、冷暖房、エレベーター、自動ドア、照明器具などの設備があり、減価償却の対象になる有形固定 ...
仕入高
仕入高とは、販売の目的で購入した事業用の商品や原材料の仕入を計上する勘定科目です。仕入に伴う運送料や購入手数料、関税などの付随費用も取得原価に加算します。 仕入高の計上時期には、納品された時点を示す「 ...
雑損失
雑損失とは本業とは関係のない取引から生まれる損失で、他の経費や営業外費用の科目に該当せず、金額も少ないなど重要度の低い費用を一括して処理する勘定科目です。 税金の延滞料や罰金、盗難による損失や現金不足 ...
未払費用
未払費用とは、継続してサービスの提供を受ける場合、すでにサービス提供を受けていながら決算時に期日未到来のため、提供されたサービスに対する債務が確定していない金額を計上する勘定科目です。 具体的には、期 ...
機械装置
機械装置とは、経営目的のために所有している機械や装置、あるいは搬送設備や付随装置のことです。 業種によって様々な目的の機械が使用されており、具体的には金属加工設備やお菓子製造設備、家具製造設備、サービ ...
長期貸付金
長期貸付金とは、従業員や役員、仕入先、得意先、子会社、関連会社などに対する貸付金で、貸付の期間が1年を超える貸付金を処理する勘定科目です。1年以内に返済される貸付金は『短期貸付金』となり、この区分を、 ...
租税公課
租税公課とは、国税や地方税の租税や、国や地方公共団体から課せられる租税以外の金銭負担である公課を処理する科目です。 公課とは賦課金や罰科金などを指し、具体的には消費税や固定資産税、不動産取得税、印紙税 ...
受取配当金
受取配当金とは、他の法人から受け取る株式や出資金への配当金や投資信託党の収益分配金、農業協同組合や中小企業協同組合といった特殊法人等からの利益分配等や信用金庫などからの剰余分配金などのことです。 建設 ...
現金
現金とは、代金の支払い目的などのために保有する紙幣や硬貨等の貨幣や外国通貨、必要な際に即時換金性のある支払い手段として利用できる通貨代用証券のことをいいます。勘定科目としては、事業用に保有している現金 ...
雑費
雑費とは、販売費及び一般管理費の内訳科目としてどの科目にも仕分けできないような支出や、少額で重要性が低く別途で科目を設けるほどでもない支出を一括して計上する勘定科目です。 雑費の対象は広範囲にわたり頻 ...
福利厚生費
福利厚生費とは、従業員や役員の健康・衛星・冠婚葬祭・生活・慰安等などの福利厚生のために任意に支出する費用です。 福利厚生費の支出は広範囲で多様になるため、『消耗品費』などと区分しにくい場合は、どちらか ...
雑収入
雑収入とは、本業とは関係のない取引から生じる収益、かつ収入金額も少ないなど、重要性の低い営業外収益を一括して計上する勘定科目です。 帳簿残高と実在高が一致しない場合は一時的に『現金過不足』の勘定で処理 ...
消耗品費
消耗品費(しょうもうひんひ)とは、消耗する器具や工具、備品、事務用品などの費用を計上する勘定科目です。 『事務用品費』の科目を設ける場合にはこの科目に事務用以外の消耗品だけを『消耗品費』として計上しま ...
仮受消費税等
仮受消費税等とは、消費税の税抜経理方式を採用している課税事業者が、商品の売却や役務の提供など取引の度に受け取った消費税を一時的に計上しておく勘定科目です。 『仮払消費税等』と『仮受消費税等』の違いです ...
通信費
通信費とは、電話・電報代や郵便・書類送料、インターネット料金など通信に当てはまる費用を計上する勘定科目です。 電話・郵便・書類送付の料金等、業務に伴う通信に支出した費用を計上する科目で、切手やはがきは ...
受取利息
受取利息とは、預貯金(普通預金、定期預金、郵便貯金、投資信託等)の利息や利子や有価証券(国債、地方債、社債など)の利息、また貸付金の利息、手形割引料などの金融上で得た利息を処理する勘定科目です。 営業 ...
車両運搬具
車両運搬具とは、事業用に所有・使用している、人やモノを陸上で運搬、牽引する乗用車や貨物車などの車両運搬具を資産として計上する科目です。 車両運搬具に計上するのは、耐用年数1年以上で取得価額10万円以上 ...
未収収益
未収収益(みしゅうしゅうえき)とは、継続してサービスを提供する契約に従って提供しているサービスに対し、なだ代金の支払いを受けていない金額を計上する科目で、支払期日が未到来のものです。 具体的には、賃貸 ...
仕入戻し高
仕入戻し高とは、事業用に仕入れた商品や製品、原材料等の物品に品質不良や数量不足、破損などの問題があり、取引先に物品を返品した分の金額を計上する勘定科目です。 物品を販売しないコンサルティング等のサービ ...
小口現金
小口現金とは、日常的な支払いのために手元に置いておく少額の現金の入出金を計上する勘定科目です。 文房具などの消耗品の支出や通信費、交際費、旅費交通費の支出など、日常で頻繁に発生する少額の経費を区別する ...
未払金
未払金とは、販売管理費及び一般管理費の費用の支払いや、通常の取引以外の取引に関して発生する債務で、1年以内に支払われるものです。 営業上の未払金には、未払税金、未払分配金、未払役員賞与などがあります。 ...
売上戻り高
売上戻り高とは、商品や製品が品質不良や破損、品違い、納期遅延などの問題で返品された場合に、売上高から返品された商品分の金額を控除する勘定科目です。 「売上返品」とも呼ばれており、返品された商品や製品の ...
前受金
前受金とは、商品や製品の販売、サービスや役務の提供など本来の事業上の取引による売上代金の一部、または全部を先立って受け取った場合に、商品や製品を引き渡すまで一時的に処理する勘定科目です。前受金は一時的 ...
前受収益
前受収益とは、継続してサービスを提供する契約に従い、いまだサービスを提供していない未経過分について、すでに受け取った代金の金額を計上する経過勘定の科目です。 代表的なものには家賃や利息が挙げられ、決算 ...
建設仮勘定
建設仮勘定とは、建設中の建物や構築物、制作中の機械装置等の未完成の有形固定資産や、建設中に発生した支出や材料費、労務費を完成するまでの間、一時的に処理しておくための勘定科目です。 建設前渡金や前渡金、 ...
建物
建物とは、事業用に所有・使用する、土地の上に工作された建物を資産として計上する科目です。 建物は減価償却の対象となる有形固定資産で、原則として屋根・床・壁をもつ工作物で、具体的には事務所や倉庫、工場、 ...
仮払消費税等
仮払消費税等(かりばらいしょうひぜいとう)とは、税抜経理方式(後述)を採用している課税事業者が取引の度に支払った消費税等の金額を一時的に計上しておくための勘定科目です。 税抜経理方式では、仕入の際に本 ...
創立費
創立費とは、会社を設立するために支出した費用を計上する科目です。 具体的には「発起人が受ける報酬」や、「会社が負担すべき設立費用」、「設立登記のために支出した登録免許税」などがあります。詳しくは後述す ...
構築物
構築物とは、事業に使用する目的で所有する土地や借地に定着した『建物』以外の土木設備や工作物と、その付随設備等で減価償却の対象になる『建物』以外の有形固定資産を計上する勘定科目です。 具体的には、緑化設 ...
工具器具備品
工具器具備品とは、事業用に所有・使用している工具や器具・備品を計上する勘定科目です。 減価償却の対象のとして有形固定資産として計上します。 工具とは工作工具や機械に取り付けられた加工用の道具で、具体的 ...
諸会費
諸会費とは、業務上必要な商工会議や同業者組合などの業界団体、町内会などの地域団体に支払った会費を計上する勘定科目です。 「会費」という名称でも『諸会費』に当てはまらないものがあるので、計上した費用が『 ...
減価償却累計額
減価償却累計額とは、固定資産の減価償却を間接控除方式で行う場合に、減価償却の対象となる固定資産の減価償却費の累計額を計上する勘定科目です。各固定資産の減価償却後の価額は、取得価額から減価償却累計額を控 ...
仕入値引高
仕入値引高とは、事業用に仕入れた商品や製品等に品質不良や数量不足、破損、納期遅延などの問題があった場合に取引先から値引きを受けた金額を計上する勘定科目です。 小売業や卸売業などの商品を仕入れる業種で用 ...
ソフトウェア
ソフトウェアとは、販売目的で開発したソフトウェアや、社内で利用するために購入したソフトウェアを無形固定資産として計上する勘定科目です。 企業のITシステム構築では、さまざまなソフトウェアを自社で開発し ...
水道光熱費
水道光熱費とは、業務上使用する水道、電気、ガス料金や冷暖房の燃料費などの料金を計上する勘定科目です。 水道光熱費が多額な場合は、「水道料金」や「光熱費」、「電力費」などの細かい勘定勘定で区分することも ...
退職給付引当金繰入額
退職給付引当金繰入額(または退職給付費用)とは、将来、従業員が退職する際に支払われる退職金の支給に備えて設ける引当金を退職給付引当金といい、当期に繰り入れた引当金を計上する勘定科目です。退職給付引当金 ...
法定福利費
法定福利費とは、従業員の福利厚生のために支出する健康保険や厚生年金、雇用保険、労災保険などの法定保険料のうち、企業や個人事業者の事業主負担分を計上する勘定科目です。 健康保険や介護保険、厚生年金の総称 ...
差別化戦略
差別化戦略、または差別化とは、産業内の競業他社とは異なる独自の価値を顧客に提供するために競争相手との間に差を作り、競争上の優位性を構築するための戦略です。 後述しますが、差別化には主に、商品や製品、サ ...
当座預金
当座預金とは、金融機関との預金契約に基づいて預け入れている、当座預金の口座残高を資産に計上する勘定科目です。 当座預金は、金融機関との当座取引契約に基づいて小切手や手形の支払いに用いる代表的な決済用預 ...
投資有価証券売却損
投資有価証券売却益とは、投資目的で長期に保有している投資有価証券を、取得価額よりも低額で売却した際の差損を計上する勘定科目です。 投資目的で長期的に保有している有価証券は貸借対照表の「固定資産」に表示 ...
退職給付引当金
退職給付引当金とは、退職給付会計により、退職給付にかかる負債を貸借対照表に計上する場合に用いる科目です。 労働協約や就業規則等に基づいて退職金支給義務を負う企業が、従業員の退職金の支給に備えるために設 ...
売上値引高
売上値引高とは、販売した商品や製品に品質不良や数量不足、破損、または納期が遅延するなどの問題があった場合に、値引として「売上高」から控除した金額を計上する勘定科目です。また、販売促進などの目的で値引し ...
土地
土地とは、事業に使用する目的で所有している店舗や工場、自社ビルの敷地、事務所、駐車場、運動場などの敷地を資産として計上する勘定科目です。すでに事業で使用している土地だけでなく、将来的に使用するために保 ...
未収金
未収金とは、本業以外の取引において発生した代価の未回収の代金および本業の取引で発生した債権で『売掛金』を除いた未収の金額を計上する勘定科目です。『未収入金』ともいいます。 1年以内に期限が到来するもの ...
為替差益
為替差益とは、外貨建取引による外貨や債券・債務を、決済、換算した際の為替相場の変動によって生まれた差益を計上する勘定科目です。 保有する外国通貨や外貨建金銭債権債務、外貨建有価証券等は、原則として、決 ...
研究開発費
研究開発費とは、新製品の製造、新技術の改良、考案・発明に関わるすべての試験研究や新サービス、新事業、新経営組織など市場開拓・事業開始・資源開発などの支出を計上する勘定科目です。「試験研究費」や「開発費 ...
長期借入金
長期貸付金とは、事業に必要な資金として、返済期限が決済日の翌日から起算して1年を超える場合に返済される予定の金額を流動負債に計上する勘定科目です。金融機関や取引先、関連会社、個人からの借入金や当座借越 ...
売上割戻し高
売上割戻し高(うりあげわりもどしだか)とは、一定期間に大量、多額の取引をした取引先に対して、売上高から戻す一定の金額を計上する勘定科目です。 一般的にリベートと呼ばれているもので、値引き販売はこのリベ ...
前期損益修正益
前期損益修正益とは、過年度(前期以前)に決済処理済みの金額を修正した場合に発生した収益額を計上する勘定科目です。 過年度の決算書はすでに確定していますが、過年度の損益を当期に含めてしまうと、当期の経常 ...
投資有価証券
投資有価証券とは、売買目的で保有しているものではなく、投資目的として1年を超えて長期保有している株式、公社債、投資信託などの金額を計上する勘定科目です。 売買目的で保有する『有価証券』勘定とは区分して ...
支払手数料
支払手数料とは、銀行などの金融機関への振込手数料などのほか、業務を委託した外部の専門家などに支払う報酬や顧問料を計上する勘定科目です。弁護士、税理士、公認会計士、司法書士など、士業に支払う報酬や各種コ ...
事務用品費
事務用品費とは、事務処理に伴って消費される筆記用具や帳簿伝票類、OA機器関連消耗品などの事務用品の費用です。事務用品費という科目を設けない場合は『消耗品費』の中で処理されます。 多額の事務用品費は、購 ...
利益剰余金
利益剰余金とは、会社法によって、法定準備金として債権者保護のための積み立てを要する、社内に保留された利益剰余金の金額を計上する科目です。 剰余金は「資本剰余金」と「利益剰余金」に大別されます。利益剰余 ...
広告宣伝費
広告宣伝費とは、不特定多数の一般消費者に対し、宣伝効果を意図して商品・製品・サービス(役務)等の告知や広告宣伝効果を目的とした支出を計上する勘定科目です。 ダイレクトメール費用や求人広告費用もこの科目 ...
支払手形
支払手形とは、本来の営業上の取引によって発生した約束手形や為替手形による支払金額を「流動負債」に計上する勘定科目です。手形には約束手形と為替手形の2種類がありますが、会計上ではどちらも支払手形として処 ...
修繕費
修繕費とは、事業用の建物、機械装置、工具器具備品などの有形固定資産を維持管理するための修繕・保守・メンテンナンス等の費用を計上する勘定科目です。 修繕とはあくまで原状回復をいい、修理することによって資 ...
社債
社債とは、広く外部から資金調達をするために将来の一定期日に一定の金額を償還することや約束した社債という有価証券を発行することにより発生する金銭債務です。 証券を発行して、資金を調達する意味では株式の発 ...
立替金
立替金とは、取引先や役員、従業員、親会社、子会社など、第三者の負担すべき経費等を一時的に立替払いした際の金額を資産に計上する科目です。 社会保険料や労働保険料の本人負担分の金額、あるいは取引先従業員の ...
資本剰余金
資本剰余金とは、会社法によって、会社設立時や増資した際に出資者から拠出された資金のうち、『資本金』としなかった金額や「自己株式」の処分などで生じた金額を、法定準備金として積立を要する資本剰余金の金額を ...
退職金
退職金とは、従業員や役員の退職に際して支払う退職金(退職一時金・退職年金)の金額を計上する勘定科目です。 「退職一時金」とは退職時に一括して支払われるもので、「退職年金」は年金の形で支払われるものです ...
新聞図書費
新聞図書費とは、業務上必要な新聞や書籍、雑誌等の代金を計上する勘定科目です。 業界の動向や技術情報、経済情勢等、事業活動に必要な情報収集のために購読する新聞・雑誌の購読料や書籍等の購入費用を計上します ...
前期損益修正損
前期損益修正損とは、過年度(前期以前)に決済処理済みの金額を修正した場合に発生した損失額を計上する勘定科目です。 過年度の決算書はすでに確定していますが、過年度の損益を当期に含めてしまうと、当期の経常 ...
固定資産売却損
固定資産売却損とは、土地や建物、機械装置、車両運搬具等の固定資産を売却した際の帳簿価額との差損を計上する勘定科目です。売却価額が帳簿価額を下回った場合には『固定資産売却損』となり、売却価額が帳簿価額を ...
借地権
借地権とは、借地法による「建物の所有を目的とする地上権および賃貸権」のことです。 「地上権」とは民法上で認められている物権で、地代を支払うことで建物もを所有する権利であり、自由に他人に地上権を譲渡でき ...
地代家賃
地代家賃とは、土地や建物等の不動産を賃借した時に支払う金額を計上する勘定科目です。 地代は敷地や土地、家賃は建物や部屋の賃貸料です。また、月極駐車場料金も『地代家賃』に該当しますが、別に勘定を設けるこ ...
預り金
預り金とは、従業員や役員、取引先等から一時的に預かった金銭等を、流動負債として計上する勘定科目です。預り金は後日に当事者に返還するか、本人に代わって第三者に支払う債務です。 預り金を「所得税預り金」、 ...
給与手当
給与手当とは、営業や一般事務に従事する従業員に支給する金銭・物品などの支出を計上する勘定科目です。 給料・賃金・給与・賞与・残業手当・制服支給・通期定期代・社宅・食事の給付などの名称に関わらず、源泉徴 ...
短期借入金
短期貸付金とは、事業に必要な資金として、返済期限が決済日の翌日から起算して1年以内に返済される予定の金額を流動負債に計上する勘定科目です。金融機関や取引先、関連会社、個人からの借入金や当座借越や手形借 ...
固定資産売却益
固定資産売却益とは、土地や建物、機械装置、車両運搬具等の固定資産を売却した際の帳簿簿価額との差益を計上する勘定科目です。 売却価額が帳簿価額を上回った場合には『固定資産売却益』となり、売却価額が帳簿価 ...
為替差損
為替差益とは、外貨建取引による外貨や債券・債務を、決済、換算した際の為替相場の変動によって生まれた差損を計上する勘定科目です。 保有する外国通貨や外貨建金銭債権債務、外貨建有価証券等は、原則として、決 ...
有価証券売却益
有価証券売買益とは、売買目的で一時的に保有している市場性を持つ『有価証券』を、取得価額よりも高額で売却した際の差益を計上する勘定科目です。 売買目的で一時的に保有している市場性を持った有価証券は、貸借 ...
固定資産除却損
固定資産除却損とは、会社などが所有する建物や機械装置、車両運搬具等の固定資産を売却せずに取り壊したり処分した際の損失額を計上する勘定科目です。 除却とは、災害等で減失したり、老朽化や故障のらめに不要と ...
投資有価証券売却益
投資有価証券売却益とは、投資目的で長期に保有している投資有価証券を、取得価額よりも高額で売却した際の差益を計上する勘定科目です。 投資目的で長期的に保有している有価証券は貸借対照表の「固定資産」に表示 ...
繰延税金資産
繰延税金資産とは、「税効果会計」の適用により生じる税効果額で、「将来減算一時差異」に係る法人税等相当額を処理する資産項目です。 『繰延税金資産』に関連した資産・負債の分類に基づいて『繰延税金資産』は「 ...
株式交付費
株式交付費とは、既存の会社が新株を発行した際に直接支出した費用です。『新株発行費』とも呼ばれることもあります。 具体的には、株式募集の広告や金融機関・証券会社の取扱手数料、株式申込書、目論見書の印刷費 ...
有価証券売却損
有価証券売買損とは、売買目的で一時的に保有している市場性を持つ有価証券を、取得価額よりも低額で売却した際の差損を計上する勘定科目です。 売買目的で一時的に保有している市場性を持った有価証券は、貸借対照 ...
前払費用
前払費用とは、継続してサービス(役務)の提供を受ける契約に従い、支払った代金の内、いまだ役務の提供を受けていない未経過分の金額を計上する勘定科目です。本来の営業活動以外の取引から発生する費用です。 具 ...
仮払金
仮払金とは、従業員の出張や取引先の接待などに際して、現金や小切手による支出をしたが、取引内容や金額が明らかでない支出を一時的に計上しておくための勘定科目です。 現金や小切手で支出された仮払金は、後日、 ...
仮払法人税等
仮払法人税等とは、中間申告や予定申告により納付した法人税等の支払金額を一時的に処理しておくための勘定科目です。具体的には、法人税や住民税、事業税の中間納付額が該当します。 実務的には、所轄税務署から自 ...
寄付金
寄付金とは、見返りを求めず、事業に直接関係のない相手に対する金銭等の贈与額を計上する勘定科目です。 主に以下のものが寄付金に該当します。 金銭・物品の交付 債務免除 資産の低額譲渡 資産の高額買入 用 ...
賞与引当金
賞与引当金とは、翌期に支払われる賞与(ボーナス)について、当期分に相当する部分を費用として計上する勘定科目です。 通常、賞与の多くは就業規則などで支払対象や支給期間が決まっており、翌期以降の最も近い時 ...
仮受金
仮受金とは、その取引の種類や内容が不明な場合、あるいは取引の内容は分かっているが金額が不明で、原因究明までに時間を要するような金銭等を受け入れた際に、一時的に処理するための科目です。取引件数が多い場合 ...
top

©フラッフィー経営用語辞典

Send this to a friend