人気経営用語

事業部制組織
事業部制組織(じぎょうぶせいそしき)とは、機能別組織やマトリックス組織と並ぶ基本的な組織構造の一つで、提供する製品やサービス(ex.テレビ事業部、冷蔵庫事業部など)ごとで役割分担された組織構造です。 ...
機能別組織
機能別組織(職能別組織)とは、経営組織の構造の1つで、開発、営業、生産、人事、経理など業務内容別に編成した組織を指し、事業部制組織、マトリックス組織と並ぶ、企業における基本的な組織構造です。 機能別組 ...
仕掛品
仕掛品(しかかりひん)とは、製品の製造・加工する過程にあるものです。 そのままの状態では販売、貯蔵することもできない未完成品の残高を資産に計上する勘定科目で、棚卸資産に分類され流動資産となります。 そ ...
ジレットモデル
ジレットモデルとは、製品の本体を無料、または低価格で提供し、付属品を消耗品として継続的に販売することで利益を維持していくビジネスモデルです。 アメリカでは【Razor-Razorblade Model ...
前渡金
前渡金(まえわたしきん)とは、商品や原材料などの仕入前や外注サービスなどの受入前に、代金の一部または全部を先払いし、その金額を計上する勘定科目です。前渡金はまた、「前払金」と呼ばれることもあり、手付金 ...
インセンティブ
インセンティブとは、従業員の意思決定や行動を変化させるようなやる気付けや動機付けのことで、代表的なものに金銭報酬があります。 しかし金銭的報酬のみがインセンティブとなるわけではなく、後述しますが、上司 ...
短期貸付金
短期貸付金(たんきかしつけきん)とは、仕入先や取引先、子会社、従業員・役員などに対する貸付金のうち、決済日より起算して1年以内に返還される金額を資産の部に計上する勘定科目です。 1年を超えての返済が予 ...
意匠権
意匠権(いしょうけん)とは、知的財産としての意匠を自社または個人が独占的に利用することができる権利です。 意匠とは、例えば扇風機やペン、イヤホンなど、私たちの身の回りにあるものの形状や模様などのデザイ ...
資本準備金
資本準備金(しほんじゅんびきん)とは、会社法の規定による法定準備金として積み立てを必要とする資本剰余金の金額を計上する勘定科目です。 資本剰余金は「資本準備金」と「その他資本準備金」に分類され、「資本 ...
社債発行費
社債発行費(しゃさいはっこうひ)とは、社債を発行するためにかかった費用を資産に計上する勘定科目です。 社債発行費は原則として営業外費用として処理されますが、『実務対応報告第19号 繰延資産の会計処理に ...
貸倒損失
貸倒損失(または貸倒金)とは、売掛金や貸付金、受取手形などの債券のうち、取引先の倒産などの理由により回収がほとんどできなくなった損失額、いわゆる焦げ付き債権に対して計上する勘定科目です。 しかし、債券 ...
買掛金
買掛金(かいかけきん)とは、商品や原材料などを掛によって仕入した代金を計上する勘定科目です。 買掛金は商品や原材料などの仕入やサービス・役務の提供等を受けるなど、掛による仕入の度に債務として計上します ...
雇用保険
雇用保険(こようほけん)とは、労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に、労働者の生活及び雇用の安定を図ると共に、再就職を促進するため必要な基本手当などの失業手等給 ...
貸倒引当金
貸倒引当金(かしだおれひきあてきん)とは、売掛金や受取手形などの売上債権が回収不能になってしまう貸倒損失に備えて、期末に貸倒引当金をあらかじめ見積計上しておく勘定科目です。 貸倒引当金は「売掛金」「受 ...
有価証券
有価証券(ゆうかしょうけん)とは、株式、そして国債や地方債、社債などの証券、さらには投資信託受益証券、外国証券など換金性の高い証券のことです。 しかし、流動資産として扱われるのは売買目的で保有する株式 ...
受取手形
受取手形(うけとりてがた)とは、企業の取引によって取得した手形の金額を資産に計上する勘定科目です。 受取手形には、振出人が代金を支払う「約束手形」と振出人が支払人に委託する「為替手形」の2種類があり、 ...
貸借対照表
貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)とは、企業の資金の調達と運用状況、つまり一定時点の企業の財政状況を示す会計情報です。 また、貸借対照表が企業の財政状況を示すのに対し、企業の経営成績を明らかにす ...
商品
商品(しょうひん)とは、自社で販売目的のために仕入れた物品のことを指します。 製品との違いは仕入れたものを加工せずに販売する点です。 事業として販売・または転売する目的で仕入れた物品の残高を資産に計上 ...
役員報酬
役員報酬とは、取締役や監査役などの役員に対して、業務の対価として一定の支給基準によって定期的に支給する報酬を計上する勘定科目です。 役員報酬は定款で定めるか株主総会による承認を必要としており、使用人兼 ...
クラウド
クラウド(正式名称:クラウドコンピューティング)とは、自宅や社内に物理的にサーバーを置いて画像やテキストなどのデータを管理をするのではなく、インターネット回線を経由し、別の場所にあるシステムを利用する ...
売上高
売上高(うりあげだか)とは、商品や製品の販売やサービスの提供などの営業活動によって得た収益のことです。 売上高の計上時期は事業の規模や業種、業態、取引内容により異なり、「売上計上基準」という計上時期を ...
のれん / 営業権
のれん(または営業権)とは、企業の経営活動において形成された取引先、企業のブランド、従業員や組織を含む経営環境など無形の企業価値を計上する勘定科目です。 会社法施行前には、のれんではなく営業権と呼ばれ ...
プロダクト・ポートフォリオ・マネイジメント(PPM)
プロダクト・ポートフォリオ・マネイジメント、またはPPMとは、事業の魅力と自社の競争力をそれぞれ事業ごとに評価し、キャッシュを生み出す事業と投資が必要な事業を区別したうえで、自社のポジショニングを明ら ...
交際費
交際費(こうさいひ)とは、自社の事業活動に関わる得意先や仕入れ先、取引先などの接待や高裁に支出した費用の額を計上する勘定科目です。 お中元やお歳暮などの贈答から慶弔、慰安など広範囲にわたります。 相手 ...
売掛金
売掛金(うりかけきん)とは、営業取引における商品やサービスを掛売(後払い、ツケ払い)で販売し発生した金額、また、基本的に1年以内に回収できる金額を、資産に計上する勘定科目です。 売掛金は「得意先元帳」 ...
資本金
資本金(しほんきん)とは、会社組織を設立する際に出資者から払い込みを受けた資金のうち、会社法により規定されている法定資本の額を「純資産」に計上する勘定科目です。 原則として出資者は払込、あるいは給付し ...
日本のフィンテックサービス
FinTech (フィンテック)とは、「Financial(金融)」と「Technology(技術)」から作られた造語で、ITを駆使した金融サービスを指します。従来の金融機関が担ってきた決済、融資、資 ...
損益計算書
損益計算書(そんえきけいさんしょ)とは、一定期間における企業の収益と費用を記載して当期純利益を計算し、その会計期間における企業の経営成績を明らかにする財務諸表です。 つまり損益計算書は、企業に1年間で ...
製品
製品(せいひん)とは、企業の製造部門や製造業者が販売を目的として製造・加工した物品や生産品のことを指します。 また、製品には食料品や電気、石油などの有形財だけでなく、サービス、情報、アイデアなどの無形 ...
Send this to a friend