広告宣伝費

Advertising expense
勘定科目 分類 詳細 計上される時期
損益計算書 費用 販売費及び一般管理費 広告宣伝費を支払った時
法人税 原則として損金の額に算入されますが、広告宣伝用資産を贈与した場合は税法上の「繰延資産」として取り扱われます。
消費税 原則として課税仕入ですが、広告宣伝用のテレホンカード等の購入費用は課税対象外です。

広告宣伝費とは、不特定多数の一般消費者に対し、宣伝効果を意図して商品製品・サービス(役務)等の告知や広告宣伝効果を目的とした支出を計上する勘定科目です。
ダイレクトメール費用や求人広告費用もこの科目に計上でき、その他、企業のイメージアップのための費用や決算公告などの費用も広告宣伝費に含まれます。
広告塔やネオンサイン等で資産計上基準以上のものは「固定資産」となります。

  1. ・開業時の宣伝用のポスターやビラは『開業費』として「繰延資産」となります。
  2. 建物以外の土木設備や工作物である、『構築物』は原則「固定資産」として減価償却します。
  3. ・広告宣伝が目的であっても、取引先に提供する見本品などの費用は計上できますが、特定の相手を対象とする物品の贈与などは『交際費』に当たる場合があります。
  4. ・『貯蔵品』は期末に手元に残っているパンフレットなどは『貯蔵品』として資産に計上します。ただし毎期、購入しているものは損金として処理することができます。

 

 

広告宣伝費の摘要(取引例)

広告宣伝費 新聞広告掲載料
雑誌広告掲載料 テレビ広告放送料
チラシ制作折込代 自社ホームページ制作費
ダイレクトメール費用 カタログ製作費
年賀状制作印刷 看板(少額小型)
キャンペーン費用 求人広告費用
中吊り広告費用 試供品
展示会出品費用 セミナー費用
IR費用 PR費用
決算広告費用 ポスター制作費用
ラジオ広告放送料 横断幕制作費
会社案内作成費 クイズ賞品
福引券印刷費 見本品提供
カレンダー(社名入り) うちわ(社名入り)
シール(社名入り) タオル(社名入り)
マッチ(店名入り) ライター(店名入り)
ポケットティッシュ

 

 

 

広告宣伝費の仕訳例

新聞広告の制作・掲載費用400,000円を普通預金から支払った

借方 金額 貸方 金額
広告宣伝費 400,000 普通預金 400,000

 

 

広告塔を設置し、代金として400,000円を現金で支払った

借方 金額 貸方 金額
構築物 400,000 現金 400,000

広告用の広告塔や看板などを設置した場合、取得価額20万円未満のものは『広告宣伝費』に計上できますが、20万円以上のものは資産として計上します。ただし、中小企業者の特例による場合は30万円未満のものになります。

 

 

【長期に及ぶ場合】看板を借り、1年分の広告掲載契約料1,800,000円を12月末に現金で支払った。なお、当社の決済は3月である

借方 金額 貸方 金額
広告宣伝費 1,800,000 現金 1,800,000

 

決算につき、上記の広告宣伝費用の翌年分を振り替えた

借方 金額 貸方 金額
前払費用 1,350,000 広告宣伝費 1,350,000

決算期末に未経過分の『広告宣伝費』は『前払費用』に計上します。ただし、税法上、支払日から1年以内の『前払費用』に関しては、毎期適用を条件として、一括して損金に算入することができます。
 

 

関連用語

仮受金
仮受金とは、その取引の種類や内容が不明な場合、あるいは取引の内容は分かっているが金額が不明 ...
株式交付費
株式交付費とは、既存の会社が新株を発行した際に直接支出した費用です。『新株発行費』とも呼ば ...
仮払法人税等
仮払法人税等とは、中間申告や予定申告により納付した法人税等の支払金額を一時的に処理しておく ...
繰延税金資産
繰延税金資産とは、「税効果会計」の適用により生じる税効果額で、「将来減算一時差異」に係る法 ...
前払費用
前払費用とは、継続してサービス(役務)の提供を受ける契約に従い、支払った代金の内、いまだ役 ...
仮払金
仮払金とは、従業員の出張や取引先の接待などに際して、現金や小切手による支出をしたが、取引内 ...
未収金
未収金とは、本業以外の取引において発生した代価の未回収の代金および本業の取引で発生した債権 ...
前期損益修正損
前期損益修正損とは、過年度(前期以前)に決済処理済みの金額を修正した場合に発生した損失額を ...
 
2021年4月27日
top

©フラッフィー経営用語辞典

広告宣伝費

Send this to a friend