勘定科目 分類 詳細 計上される時期
貸借対照表 資産の部 流動資産>棚卸資産 製品が完成した時

製品(せいひん)とは、企業の製造部門や製造業者が販売を目的として製造・加工した物品や生産品のことを指します。
また、製品には食料品や電気、石油などの有形財だけでなく、サービス、情報、アイデアなどの無形財なども含まれます。
商品との違いは第三者から仕入れたものではなく、自社で製造・加工しているという点です。
 

工業簿記において製品は在庫にあたる棚卸資産、そして流動資産に分類され、事業として販売する目的で自社製造・加工した生産品のうち、完成品の残高を資産に計上する勘定科目となります。
また、製造の一部分だけを下請け業者に委託している場合も製品に含めることができ、製造工程が多い場合は最終工程まで終了した完成品をもって製品として扱うことができます。
対して製造過程にある未完成品は「仕掛品」となるため、完成するまでは仕掛品の科目に計上し、完成時に製品として振替処理を行います。
また、製造工程の途中であっても、販売可能な状態で貯蔵しているものや部分品、あるいは次の工程まで貯蔵することが可能なものは「半製品」と呼ばれ、別途「半製品」の科目を設け計上します。
 

ちなみに、製品の製造過程から発生するものを「副産物」といい、例えば、石油業では燃料油のほか、同じ製造過程で硫黄やエタノールが製造されてこれらが副産物として計上することができます。

製品は販売した時点で製造原価となり費用に転じ、決算時の棚卸しに際して「棚卸明細書」を作成します。

 

 

製品の摘要(取引例)

仕分する際に製品として扱うもの、製品に含まれるものには以下のようなものがあります。

製品
半製品(はんせいひん) 販売可能な状態で貯蔵してある物品、次の工程まで貯蔵することが可能な物品です。
製造副産物(せいぞうふくさんぶつ) 製品の製造過程から発生するものです
作業くず(さぎょうくず) 原材料の残りくずで、原材料と同質で経済価値のあるものです。
自社製品(じしゃせいひん) 自社が製造した製品です。
製造原価振替(せいぞうげんかふりかえ) 期末時、残っている半製品や仕掛品を計上し、期首で戻すことです。
完成済製品(かんせいずみせいひん) 完成している製品
完成済部分品(かんせいずみぶぶんひん) 完成している部品
完成品受入(かんせいひんうけいれ) 製品が完成状態での受入

 

製品の仕分例

①製造原価10,000円の製品を15,000円で販売し、代金は掛けとした

借方 金額 貸方 金額
売掛金 15,000 売上 15,000
売上原価 10,000 製品 10,000

 

 

②決算時に、期末製品棚卸高100,000円を資産計上した

借方 金額 貸方 金額
製品 100,000 期末製品棚卸高 100,000

 

前期末、資産計上した期末製品棚卸高を期末に振り替えた

借方 金額 貸方 金額
期首製品棚卸高 100,000 製品 100,000

 

 

③期末、低価法により帳簿価格200,000円の製品を150,000円に評価減させた

借方 金額 貸方 金額
商品評価損 50,000 製品 50,000

 

前期末に計上した評価損を期首に振り替えた

借方 金額 貸方 金額
製品 50,000 評価損 50,000

 

 

関連用語

有価証券評価損
有価証券売買損とは、売買目的で一時的に保有している市場性を持つ有価証券を、取得価額よりも低 ...
有価証券評価益
有価証券評価益とは、決算時、会社が保有している市場性を持つ『有価証券』の時価と帳簿価額の差 ...
完成工事原価
完成工事原価とは、建設業特有の勘定科目で、請負工事契約に基づく工事の原価を計上する勘定科目 ...
工事未払金
工事未払金とは、建設業における『買掛金』にあたる勘定科目です。『買掛金』とは、通常の営業取 ...
未完成工事受入金
未完成工事受入金とは、建設業における『前受金』にあたる勘定科目です。『前受金』とは、商品を ...
未完成工事支出金
販売を目的として自らが製造・加工している途中の製品のことを『仕掛品』といいます。 未完成工 ...
完成工事未収入金
完成工事未収入金とは、建設業における『売掛金』に該当する勘定科目です。 『完成工事高』に計 ...
完成工事高
完成工事高とは、建設業の事業における『売上高』にあたる勘定科目です。 「工事完成基準」を採 ...
2018年10月18日
top

©フラッフィー経営用語辞典

製品

Send this to a friend