為替差益

Exchange rate gain
勘定科目 分類 詳細 計上される時期
損益計算書 収益/貸方 営業外収益 外貨建て金銭債権債務を決済した時または時価評価した時
法人税 原則として益金の額に算入
消費税 課税対象外

為替差益とは、外貨建取引による外貨や債券・債務を、決済、換算した際の為替相場の変動によって生まれた差益を計上する勘定科目です。
保有する外国通貨や外貨建金銭債権債務、外貨建有価証券等は、原則として、決済時の為替レートで円換算して、差益をこの科目に計上します。
また、ヘッジ会計の要件を満たす場合は、ヘッジ会計を適用することもできます。

為替相場の変動により生じた差益を『為替差益』といいますが、一方で為替相場の変動により生じた差損を『為替差損』といいます。

  1. ・期末に『為替差益』と『為替差損』の両方が生じた場合は両者を相殺しどちらか一方を表示します。
  2. ・決済により発生する為替差損や換算により発生する為替差損は消費税の課税対象外です。
  3. ・為替予約を行った場合は、予約締結までの差額を予約日の属する期に処理して残額を決済日の属する期まで期間配分します。ただし、重要性の少ない残額の場合は、予約日の属す期に処理できます。

 

 

外貨建取引等及び外貨建資産の換算基準

外貨建取引は原則として取引発生時のレートで換算し、その他の外貨建て資産の換算は以下に従います。
 

外貨建取引 取引発生時レート
外国通貨 決算時レート
外貨建金銭債権債務 決算時レート
満期保有目的の外貨建債権 決算時レート
売買目的有価証券およびその他の有価証券 決算時レート
子会社株式および関連会社株式 取得時時レート
外貨建有価証券に強制表加減を行う場合 決算時レート
デリバティブ取引 決算時レート

 

為替差益の摘要(取引例)

為替差益に該当する取引には以下のような摘要があります。

為替差益-かわせさえき- 為替換算差益-かわせかんさんさえき-
為替決済差益-かわせけっさいさえき- 為替予約換算差益-かわせよやくかんさんさえき-
外貨建て取引-がいかだてとりひき- 海外支店財務諸表換算差益-かいがいしてんざいむしょひょうかんさんさえき-
外貨建て資産の換算-がいかだてしさんのかんさん- 在外支店財務諸表換算差益-ざいがいしてんざいむしょひょうかんさんさえき-

 

 

為替差益の仕訳例

1ドル=100円で購入した10,000ドルの外貨預金が決算時には1ドル=120円となっていた

借方 金額 貸方 金額
外貨預金 200,000 為替差益 200,000

 

 

【決済時の為替決済】アメリカで商品10,000ドル分を仕入れて代金は掛とした。なお、取引発生時のレートは1ドル=100円

借方 金額 貸方 金額
仕入 1,000,000 買掛金 1,000,000

 

アメリカで上記の商品を13,000ドルで販売した。なお、取引発生時のレートは1ドル=100円。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 1,300,000 売上 1,300,000

 

買掛金のうち5,000ドルが小切手で決済された。なお、この時の決済時のレートは1ドル=90円であった。

借方 金額 貸方 金額
買掛金 500,000 当座預金 45,000
為替差益 50,000

 

 

関連用語

有価証券評価損
有価証券売買損とは、売買目的で一時的に保有している市場性を持つ有価証券を、取得価額よりも低 ...
有価証券評価益
有価証券評価益とは、決算時、会社が保有している市場性を持つ『有価証券』の時価と帳簿価額の差 ...
完成工事原価
完成工事原価とは、建設業特有の勘定科目で、請負工事契約に基づく工事の原価を計上する勘定科目 ...
工事未払金
工事未払金とは、建設業における『買掛金』にあたる勘定科目です。『買掛金』とは、通常の営業取 ...
未完成工事受入金
未完成工事受入金とは、建設業における『前受金』にあたる勘定科目です。『前受金』とは、商品を ...
未完成工事支出金
販売を目的として自らが製造・加工している途中の製品のことを『仕掛品』といいます。 未完成工 ...
完成工事未収入金
完成工事未収入金とは、建設業における『売掛金』に該当する勘定科目です。 『完成工事高』に計 ...
完成工事高
完成工事高とは、建設業の事業における『売上高』にあたる勘定科目です。 「工事完成基準」を採 ...
2021年5月7日
top

©フラッフィー経営用語辞典

為替差益

Send this to a friend