勘定科目 分類 詳細 計上される時期
損益計算書 費用 販売費及び一般管理費 雑費の支払いをしたとき
法人税 原則として損金の額に算入されます
消費税 原則として課税仕入です

雑費とは、販売費及び一般管理費の内訳科目としてどの科目にも仕分けできないような支出や、少額で重要性が低く別途で科目を設けるほどでもない支出を一括して計上する勘定科目です。
雑費の対象は広範囲にわたり頻繁に発生しますが、日用雑貨などの『消耗品費』や従業員のための備品である『福利厚生費』、頻繁に発生する銀行振込手数料は『支払手数料』などに仕分できる摘要も多いため、別の科目に該当する取引等を確認してそれぞれ該当する科目に計上します。
『雑費』が多くなってしまうと経営状態も把握しにくいことや税務署や金融機関の印象もよくないため、頻繁に発生する取引やあまりに金額が多額になるものは新たに別途適切な勘定科目を設けて区分します。
 

 

雑費と雑損失の違い

雑費と雑損失の違いは本来の営業活動によって生じた費用か否かで判断します。
雑損失とは、雑費と同じく少額でどの科目にも仕分できないような費用をいいますが、営業外の費用、つまり本来の営業活動以外によって生じる費用のことです。
一方で『雑費』は本来の営業活動によって生じる費用で、その内「販売費及び一般管理費」の中の1科目になります。
 

 

雑費の摘要(取引例)

雑費-ざっぴ- 警備費-けいびひ
清掃代-せいそうだい- クリーニング代-くりーにんぐだい-
ゴミ袋代-ごみぶくろだい- 消毒代-しょうどくだい-
廃棄物処理費用-はいきぶつしょりひよう- 生花代-せいかだい-
庭木手入れ代-にわきていれだい- 観葉植物代-かんようしょくぶつだい-
貸金庫代-かしきんこだい- 採用関連費用-さいようかんれんひよう-
信用調査費用-しんようちょうさひよう- 事務所引越費用-じむしょひっこしひよう-
テレビ受信料-てれびじゅしんりょう- 有線放送料-ゆうせんほうそうりょう-
ビル管理費用-びるかんりひよう- 提案賞金-ていあんしょうきん-
写真現像代-しゃしんげんぞうだい- テント使用料-てんとしようりょう-
来客用物品-らいきゃくようぶっぴん- 顧問料-こもんりょう-
入場券-にゅうじょうけん- 警備費用-けいびひよう-

 

 

 

雑費の仕分例

オフィスに飾るための生花代14,000円を現金で支払った

借方 金額 貸方 金額
雑費 14,000 現金 14,000

 

 

顧問弁護士に顧問料月額200,000円を源泉徴収税を控除した後に小切手で支払った

借方 金額 貸方 金額
雑費 200,000 当座預金 180,000
預り金 20,000

 

金額が大きいため、上記の顧問料を「支払手数料」に振り替えた

借方 金額 貸方 金額
支払手数料 200,000 雑費 200,000

 

 

オフィスにおいている従業員用のコーヒー豆代10,000円を現金で支払った

借方 金額 貸方 金額
雑費 10,000 現金 10,000

 

上記のコーヒー豆代を福利厚生費に振り替えた

借方 金額 貸方 金額
福利厚生費 10,000 雑費 10,000

 

 

 

関連用語

賞与引当金
賞与引当金とは、翌期に支払われる賞与(ボーナス)について、当期分に相当する部分を費用として ...
仮受金
仮受金とは、その取引の種類や内容が不明な場合、あるいは取引の内容は分かっているが金額が不明 ...
株式交付費
株式交付費とは、既存の会社が新株を発行した際に直接支出した費用です。『新株発行費』とも呼ば ...
仮払法人税等
仮払法人税等とは、中間申告や予定申告により納付した法人税等の支払金額を一時的に処理しておく ...
繰延税金資産
繰延税金資産とは、「税効果会計」の適用により生じる税効果額で、「将来減算一時差異」に係る法 ...
前払費用
前払費用とは、継続してサービス(役務)の提供を受ける契約に従い、支払った代金の内、いまだ役 ...
仮払金
仮払金とは、従業員の出張や取引先の接待などに際して、現金や小切手による支出をしたが、取引内 ...
未収金
未収金とは、本業以外の取引において発生した代価の未回収の代金および本業の取引で発生した債権 ...
 
2021年3月24日
top

©フラッフィー経営用語辞典

雑費

Send this to a friend