速度の経済

Economies of speed

速度の経済とは、事業やその管理にかかるスピードを上げることによって経済的便益を得ることができる経済効果のことです。
具体的には、製品の開発・生産・販売の速度を上げたり、情報獲得のスピードや仕事のスピードや商品開発のスピード、商品回転スピードが上がり企業が有効性や効率性を高めるメリットを享受します。
企業側にとっては事業やオペレーションを素早く展開することで売れ筋商品と死筋商品の早急な見極めや、売れ筋世商品の現場への素早い追加投入による収益の確保などを実現できます。

 

 

速度の経済のメリット

先発の優位性

先発の優位性とは、速度の経済性やタイムベース競争での優位性を築くことによって得られるメリットで、以下のようなものがあります。

  1. 消費者に知られることで参入障壁を築くことができる
  2. 経験曲線効果による優位性を得やすくなる
  3. 消費者の意見を商品・製品に反映しやすくなる
  4. 適切なポジショニングを先取りできる
  5. 市場の規格を決定しやすい
  6. 市場の規格となることでスイッチングコストを発生させることができる
  7. 資源を先取りできる
  8. 他社に先駆けて製品・サービスを販売することができる

 

速度そのものが顧客にメリットを与えるという効果であり、
例えばネットショッピングなどで購入した商品が速度の向上で手元に届くことが早くなることが顧客満足度の向上につながります。また、ブリッツスケーリングなどの電撃的に規模を拡大させる経営戦略を実行し成功させることができれば、他社より早く製品を市場投入することで先行者優位を獲得できます。

 

 

在庫回転率など投資効率が高まり投資利益率が向上

企業の収益率の改善なども可能で、販売編場で売れ筋商品の在庫が少なくなったとしても、その商品の回転スピードをあげることで利益率を向上させたり機会損失を削減させることができます。
また、売れる商品と死筋の商品を素早く見極めることができるため、無駄な費用や投資を減らすことが可能となります。売れ筋の商品についての情報があれば、売上を減らすことなく、在庫の圧縮ができ、このような仕組みで成り立っているのは、コンビニが代表的です。

 

 

売れ残りや廃棄ロスの削減

回転率を上げることによってロスを減らすことができるという効果であり生産から販売までのリードタイムを短縮し、売れ残りロスや機会損失のロスを削減できます。

発注から生産、配送、販売までのスピードを上げることによって、売れ残りのロスを少なくでき、高頻度で商品を回転する仕組みを作ることによって、このロスを削減することができます。
受発注のプロセスや生産から販売までのプロセスにおける商品の回転率の向上による売れ残りや廃棄ロスの削減です。ユニクロのようなアパレルビジネスやスーパーの生鮮食品の販売においてはこのロスの削減は大きな効果があります。

 

容易な製品の開発・販売テスト

目まぐるしく変化する市場環境のもとでは、あらかじめ狙いをすましてヒット商品を作ることは難しく、実験の中からうまくいったのがヒット商品だという発想が必要です。ロスを少なくできる仕組みを構築できれば、実験コストを下げることができるという効果があり、製品の開発販売テストを容易に行うことが可能となります。現在はITを活用することで顧客ニーズや実際の販売状況を正確に把握することができます。また、商品を市場へ投入する際の市場調査もすばやく実行できます。そのため、成功角度の高い売れ筋商品の開発が可能となります。

 

商品切り替えがスムーズに

最後のメリットは商品切り替えがスムーズになることです。新商品の発売により古い製品が残されることにより、その価格は低下します。流通在庫の圧縮によって商品の回転速度を上げることができれば、商品の切り替えも容易になり、さらに商品のライフサイクルが短いときには高回転による流通在庫の圧縮は、さらに重要な意味を持ちます。なぜなら、回転スピードを上げることによって、回転スピードが遅いために初期では機会損失が出てしまい、準備が整ったときには、すでに多大な機会損失を受けている場合があります。

 

 

速度の経済のデメリット

後発の優位性

一般的に先発が有利とされる一方で、後発のほうがリスク回避をできることから有利となる場合があり、それが以下の点です。

  1. 需要の不確実性を見極めることができる
  2. プロモーションコストの節約
  3. 模倣により研究開発コストを節約できる
  4. 顧客の変化に対応しやすい
  5. 技術面の不確実性を対応できる

これはビジネスの世界、特にITが発展したこの時代でよく見られるようになり、コピーしやすいプログラムがほかの国で覇権を勝ち取るといった例が普遍化しつつあります。それらの製品はオリジナルの製品に少し改良を加えるだけなのです。

 

緻密に構築された情報システムや管理の仕組み

速度の経済は事業や情報システムのスピードを向上させることで実現されていますが、それを支えているのは多くの場合緻密に構築された管理システムです。
例えばネットショッピングで受注した商品を素早く顧客のもとに届けるために、情報システムによる受発注情報の処理や物流網を活用した行為率製の高い配達が必要となります。

 

速度を上げる箇所の見極め

事業やオペレーションスピードを上げるにあたっては、速度を上げる箇所の発見と分析が必要となります。例えばマクドナルドの場合は「オーダーを受けてから提供するまでの時間」です。これらの箇所は関連した企業のボトルネックとなっていることも多いため、速度の経済の効果を享受するためにはこういったボトルネックを発見して
改善する必要があります。

 

速度の経済の代表企業例

マクドナルド

日本マクドナルドは2001年から1オーダーのハンバーガーを約50秒で提供できる仕組みを導入することで食品ロスの削減と顧客満足度の向上をおこないました。
これは同時に食品廃棄物を現象させただけでなく、CO2排出の削減も実現させています。

 

 

スピードの経済を成功させるカギ

スピードの経済の恩恵を享受するためのカギ、あるいは自社製品やサービスでスピードの経済の効果を受けることができる部分の見直しは以下のような点を考慮することができます。

  1. 顧客は自社の製品やサービスに対してどのような速度を求めているか
  2. 自社の製品やサービスで明らかに速度の面で足かせになっている部分はないか
  3. 新商品の開発・販売の際に、ニーズをすばやく確認しているか
  4. 速度の経済によるメリットを享受するためのシステムはすでに整備されているか

 

 

関連用語

多角化戦略
多角化戦略とは、既存事業に新たな事業を追加することによって、企業の製品や市場の範囲を拡大す ...
差別化戦略
差別化戦略、または差別化とは、産業内の競業他社とは異なる独自の価値を顧客に提供するために競 ...
密度の経済
密度の経済とは、ある特定のエリアに集中的に店舗などを展開すると主に運送費や広告費などのコス ...
範囲の経済
範囲の経済とは、取り扱う製品や事業の種類の増加に伴って製品やサービスの1単位当たりのコスト ...
規模の経済
規模の経済とは、生産規模を拡大していけば生産量の拡大に伴って製品一単位あたりの平均生産コス ...
プロダクト・ポートフォリオ・マネイジメント(PPM)
プロダクト・ポートフォリオ・マネイジメント、またはPPMとは、事業の魅力と自社の競争力をそ ...
2021年6月20日
top

©フラッフィー経営用語辞典

速度の経済

Send this to a friend