勘定科目 分類 詳細 計上される時期
損益計算書 売上高 出荷時・納品時・検収時・据付完了時

売上高(うりあげだか)とは、商品製品の販売やサービスの提供などの営業活動によって得た収益のことです。
売上高の計上時期は事業の規模や業種、業態、取引内容により異なり、「売上計上基準」という計上時期を選択します。
計上時期には主なものに、商品を出荷した時点である出荷基準、商品が納品された時点である納品基準、納品した商品が検査された時点である検収基準、取付工事が必要な場合に、取り付けが完了した時点である据付完了基準があり、これらの売上計上基準のどれを選択するかは任意となりますが、一度採用した基準は毎期継続して適用しなければなりません。
製造業の場合は、半製品や副産物、作業くずなどを売却して得た収益も売上高に含めます。

また、損益計算書では「売上高」と表記しますが、仕分けでは「売上」と表記します。
 

 

売上高の摘要(取引例)

売上高の摘要には以下のようなものが当てはまります。

売上
商品売上 商品の売上です。
製品売上 製品の売上です。
試用品販売 商品・製品をお試しで使ってもらい、気に入ってもらえたときに販売する形態です。(特殊商品売買)
委託品販売 商品・製品の販売を第三者に委託して販売してもらう形態です。
予約販売 商品・製品を販売する際に購入者を募集して、あらかじめ全額または一部を受け取る販売形態です。
割賦販売 売り上げた商品・製品の代金を分割して受け取る販売形態です。
延払条件付販売 月賦、年賦などの賦払いの販売条件や請負条件のついた販売や請負です。
移送品販売
サービス料収入 主に飲食店で使われている、食事代金以外の別途~%の料金です。チップとも。
加工賃収入 第三者の企業から頼まれた原材料を加工,または製品・半製品に加工して得た収益です。
不動産賃貸収入 駐車場や建物を顧客に貸して得た収入です。
請負サービス アウトソーシングなどの外注や受注のことです。
外貨建売上 外国企業との取引などで代金を外国通貨で受け取った売上です。取引時のレートで換算します。
建設工事 建設工事は主に建設業で使われます。
完成工事 完成した工事のこと、またはその売上高です。主に建設業で使われます。
役務の給付 モノを売るのではなく、セミナーのように形のないサービスを提供(給付)することです。

 

 

 

売上高の仕分例

商品を10,000円で販売し代金を現金で受け取った

借方 金額 貸方 金額
現金 10,000 売上 10,000

 

 

建設工事を請けおり代金50,000円は掛けとした

借方 金額 貸方 金額
売掛金 50,000 売上 50,000

 

 

原価200,000円の商品の販売を別の業者に委託した

借方 金額 貸方 金額
積送品 200,000 商品 200,000

 

委託した商品が250,000円で売れたので、販売手数料を10%として掛けとした

借方 金額 貸方 金額
売掛金 250,000 売上 250,000
販売手数料 25,000 未払費用 25,000
売上原価 200,000 積送品 200,000

 

 

 

関連用語

有価証券評価損
有価証券売買損とは、売買目的で一時的に保有している市場性を持つ有価証券を、取得価額よりも低 ...
有価証券評価益
有価証券評価益とは、決算時、会社が保有している市場性を持つ『有価証券』の時価と帳簿価額の差 ...
完成工事原価
完成工事原価とは、建設業特有の勘定科目で、請負工事契約に基づく工事の原価を計上する勘定科目 ...
工事未払金
工事未払金とは、建設業における『買掛金』にあたる勘定科目です。『買掛金』とは、通常の営業取 ...
未完成工事受入金
未完成工事受入金とは、建設業における『前受金』にあたる勘定科目です。『前受金』とは、商品を ...
未完成工事支出金
販売を目的として自らが製造・加工している途中の製品のことを『仕掛品』といいます。 未完成工 ...
完成工事未収入金
完成工事未収入金とは、建設業における『売掛金』に該当する勘定科目です。 『完成工事高』に計 ...
完成工事高
完成工事高とは、建設業の事業における『売上高』にあたる勘定科目です。 「工事完成基準」を採 ...
2018年10月24日
top

©フラッフィー経営用語辞典

売上高

Send this to a friend