のれん / 営業権

Goodwill
勘定科目 分類 詳細 計上される時期
貸借対照表 資産の部 無形固定資産 営業権の譲渡を受けた日

のれん(または営業権)とは、企業の経営活動において形成された取引先、企業のブランド、従業員や組織を含む経営環境など無形の企業価値を計上する勘定科目です。
会社法施行前には、のれんではなく営業権と呼ばれていましたが、現在でも営業権と呼ばれることがあります。

企業を買収する際は、その買収価格から買収される企業が持つ純資産を引いた金額がのれん代となります。
逆に買収される企業の純資産が買収価格よりも大きかった場合の差額を「負ののれん」といいます。
負ののれんは買収企業の純資産よりも下回る金額で取得できたことになるため、貸借対照表には計上せず全額を当期の特別利益として損益計算書に計上します。

のれん代の一括償却は2006年から禁止となり、20年以内で毎年規則的に償却する必要があります。
 

のれんという名前の由来はお店の軒や店先に張られている暖簾(のれん)と呼ばれる布からきており、暖簾には商号が記されていることが一般的で、暖簾がお店の信頼や格式など目に見えない価値を表しているとされているためです。

 

のれん(営業権)の摘要(取引例)

のれんに当てはまるものには以下のようなものがあります。

買収による取得 企業、または事業を買収することによる営業権の取得です。
合弁による取得 提携・共同出資することによる営業権の取得です。
のれん代買収 一部または全部の営業権のみを買収することです。

 

米国会計基準、国際会計基準を採用している場合

日本の会計基準ではのれんを20年以内で「定額償却(定期償却)」しますが、米国会計基準、また国際会計基準ではのれん代の償却は禁止されており、のれんの価値が下がった場合に「減損処理」をする必要があります。
そのため国際会計基準を自社の経理に採用した場合はのれん代の償却ができないため、必要経費は少なくなりその分利益が増加しますが、減損処理をする必要があるということに注意が必要です。
 

 

のれん(営業権)の仕分例

資産として建物を28,000,000円持つA社を30,000,000円で買収した。支払いには小切手を利用した

借方 金額 貸方 金額
建物 28,000,0000 当座預金 30,000,000
のれん 2,000,000

 

 

決算時にのれんを償却した。なお、のれん代10,000,000円を10年で償却している。

借方 金額 貸方 金額
のれん償却 1,000,000 のれん 1,000,000

 

 

純資産8,000,000円の企業を5,000,000円で買収した

借方 金額 貸方 金額
資産 8,000,000 当座預金 5,000,000
負ののれん 3,000,000

 

 

 

関連用語

有価証券評価損
有価証券売買損とは、売買目的で一時的に保有している市場性を持つ有価証券を、取得価額よりも低 ...
有価証券評価益
有価証券評価益とは、決算時、会社が保有している市場性を持つ『有価証券』の時価と帳簿価額の差 ...
完成工事原価
完成工事原価とは、建設業特有の勘定科目で、請負工事契約に基づく工事の原価を計上する勘定科目 ...
工事未払金
工事未払金とは、建設業における『買掛金』にあたる勘定科目です。『買掛金』とは、通常の営業取 ...
未完成工事受入金
未完成工事受入金とは、建設業における『前受金』にあたる勘定科目です。『前受金』とは、商品を ...
未完成工事支出金
販売を目的として自らが製造・加工している途中の製品のことを『仕掛品』といいます。 未完成工 ...
完成工事未収入金
完成工事未収入金とは、建設業における『売掛金』に該当する勘定科目です。 『完成工事高』に計 ...
完成工事高
完成工事高とは、建設業の事業における『売上高』にあたる勘定科目です。 「工事完成基準」を採 ...
2018年10月24日
top

©フラッフィー経営用語辞典

のれん / 営業権

Send this to a friend