前期損益修正損

Loss from the prior-term adjustments
勘定科目 分類 詳細 計上される時期
損益計算書 費用/借方 特別損失 過年度の損益を修正した時
法人税 前期損益修正損の内容により取扱いが異なります。
消費税 前期損益修正損の内容により取扱いが異なります。

前期損益修正損とは、過年度(前期以前)に決済処理済みの金額を修正した場合に発生した損失額を計上する勘定科目です。
過年度の決算書はすでに確定していますが、過年度の損益を当期に含めてしまうと、当期の経常損益が適正に表示できなくなるので、当期の決算書で修正して特別損失として計上します。
過年度に処理済みの棚卸資産売上高の過大計上、売掛金減価償却費の修正による損失などを計上します。

前期収益修正損は、会計方針の変更や会計上の見積もり変更などがあった場合に、前期の損益や誤った処理の訂正のために用います。通常は税務調査による修正申告や更正処分の結果を当期の決算書に遡及修正する場合に用います。

  1. ・「企業会計原則」では、前期損益修正損の具体例として、「過年度の引当金」、「減価償却」、「棚卸資産評価」、「過年度償却済債権」が挙げられます。
  2. ・投減価償却資産が決算後に値引されたような場合には、該当する資産を減額して、『減価償却累計額』の計上済み減価償却費から修正分も控除して計上します。
  3. ・金額的に重要でないものは『雑収入』でも処理することが可能です。
  4. ・個人事業者の場合は原則として、確定申告書の提出期限から1年以内に更正の請求をします。

 

 

前期損益修正損の摘要(取引例)

前期損益修正損に該当する取引には以下のような摘要があります。

前期損益修正損-ぜんきそんえきしゅうせいそん- 過年度売上修正損-かねんどうりあげだかしゅうせいそん-
過年度引当金修正損-かねんどひきあてきんしゅうせいそん- 過年度会計修正損-かねんどかいけいしゅうせいそん-
過年度商品棚卸修正損-かねんどしょうひんたなおろししゅうせいそん- 過年度減価償却超過額修正損-かねんどげんかしょうきゃくちょうかがくしゅうせいそん-
償却済債権取立損-しょうきゃくずみさいけんしゅうせいそん- 過年度減価償却不足額修正損-かねんどげんかしょうきゃくふそくがくしゅうせいそん-
棚卸資産評価額修正損-たなおろししさんひょうかがくしゅうせいそん- 引当金戻入損-ひきあてきんもどりいれそん-

 

 

前期損益修正損の仕訳例

前期決算の終了後に、棚卸資産が100,000円分超過していることが判明した

借方 金額 貸方 金額
前期損益修正損 100,000 期首商品棚卸高 100,000

 

 

前期決算終了後に、固定資産の減価償却費1,500,000円が計上不足であることが判明した

借方 金額 貸方 金額
前期損益修正損 1,500,000 減価商償却累計額 1,500,000

 

 

前期決算終了後に、前期に掛売上で販売した商品2,500,000円に問題が見つかった。取引先と協議し値引した代金2,000,000円が当座預金に入金された

借方 金額 貸方 金額
前期損益修正損 500,000 当座預金 2,000,000
売掛金 2,500,000

 

 

関連用語

有価証券評価損
有価証券売買損とは、売買目的で一時的に保有している市場性を持つ有価証券を、取得価額よりも低 ...
有価証券評価益
有価証券評価益とは、決算時、会社が保有している市場性を持つ『有価証券』の時価と帳簿価額の差 ...
完成工事原価
完成工事原価とは、建設業特有の勘定科目で、請負工事契約に基づく工事の原価を計上する勘定科目 ...
工事未払金
工事未払金とは、建設業における『買掛金』にあたる勘定科目です。『買掛金』とは、通常の営業取 ...
未完成工事受入金
未完成工事受入金とは、建設業における『前受金』にあたる勘定科目です。『前受金』とは、商品を ...
未完成工事支出金
販売を目的として自らが製造・加工している途中の製品のことを『仕掛品』といいます。 未完成工 ...
完成工事未収入金
完成工事未収入金とは、建設業における『売掛金』に該当する勘定科目です。 『完成工事高』に計 ...
完成工事高
完成工事高とは、建設業の事業における『売上高』にあたる勘定科目です。 「工事完成基準」を採 ...
2021年5月7日
top

©フラッフィー経営用語辞典

前期損益修正損

Send this to a friend