売上割戻し高

Sales rebate
勘定科目 分類 詳細 計上される時期
損益計算書 収益 売上高 割戻しを行った時
法人税 売上割戻し高は売上高のマイナス項目です。原則として割戻しが行われた日において益金の額をマイナスします。
消費税 原則として課税売上です。ただし、割戻しの対象となっている売上高が、課税対象外のものや免税売上、非課税売上に該当する場合にはそれぞれのマイナス項目とされます。なお、消費税の申告に祭事手は、原則として「対価の返還等」として取り扱われます。

売上割戻し高(うりあげわりもどしだか)とは、一定期間に大量、多額の取引をした取引先に対して、売上高から戻す一定の金額を計上する勘定科目です。
一般的にリベートと呼ばれているもので、値引き販売はこのリベートによって利益を補填する場合があります。
一定の売上高に応じる、一定の比率の金額を割り戻すなど、その都度基準を変更するのではなく割戻しの算定基準や支給基準を設定しておく必要があります。

売上割戻し高を処理する方法には、売上高から値引分を直接減額する「直接控除法」と、別途で『売上値引高』の勘定科目を設立して計上する「間接控除法」の2つがあり、実務上では間接控除法が多く使われています。売上高と売上割戻し高を正確に把握するためには「売上値引」勘定を用いた間接控除法で処理します。

  1. ・『売上割戻し高』の計上時期については、割戻しを明示している場合は販売日、明示していない場合は金額の通知日あるいは支払日となります。
  2. ・報奨として旅行や観劇などの招待や物品を交付した場合は税務上では『交際費』とみなされますが、交付した物品が、その取引先で販売されることが明らかな場合は『売上割戻し高』として計上できます。

 

 

売上割戻し高の摘要(取引例)

売上割戻し-うりあげわりもどし- リベート支払-りべーとしはらい-
紹介料-しょうかいりょう- 報奨金-ほうしょうきん-
販売奨励金-はんばいしょうれいきん- 販売協力金-はんばいきょうりょくきん-
売上目標達成金-うりあげもくひょうたっせいきん- 販売目標達成金-はんばいもくひょうたっせいきん-

 

 

 

売上割戻し高の仕訳例

商品を大量に購入してくれた取引先に対して1個につき100円、1000商品分の割戻しを行い、売掛金から差し引いた

借方 金額 貸方 金額
売上割戻し高 100,000 売掛金 100,000

 

 

現金で100万円分の商品を一括購入してくれた取引先に対して、従来の支給基準に従い5%分のリベートを支払い売掛金から差し引いた

借方 金額 貸方 金額
売上割戻し高 50,000 売掛金 50,000

 

 

大量の商品3,000,000円分を現金で購入してくれた取引先に対し、お礼として旅行券100,000円分を贈った。なお、旅行券の購入は現金で支払った

借方 金額 貸方 金額
現金 3,000,000 売上高 3,000,000
交際費 100,000 現金 100,000

報奨として旅行や観劇などの招待や物品を交付した場合は『交際費』となります。
 

 

関連用語

賞与引当金
賞与引当金とは、翌期に支払われる賞与(ボーナス)について、当期分に相当する部分を費用として ...
仮受金
仮受金とは、その取引の種類や内容が不明な場合、あるいは取引の内容は分かっているが金額が不明 ...
株式交付費
株式交付費とは、既存の会社が新株を発行した際に直接支出した費用です。『新株発行費』とも呼ば ...
仮払法人税等
仮払法人税等とは、中間申告や予定申告により納付した法人税等の支払金額を一時的に処理しておく ...
繰延税金資産
繰延税金資産とは、「税効果会計」の適用により生じる税効果額で、「将来減算一時差異」に係る法 ...
前払費用
前払費用とは、継続してサービス(役務)の提供を受ける契約に従い、支払った代金の内、いまだ役 ...
仮払金
仮払金とは、従業員の出張や取引先の接待などに際して、現金や小切手による支出をしたが、取引内 ...
未収金
未収金とは、本業以外の取引において発生した代価の未回収の代金および本業の取引で発生した債権 ...
 
2021年4月19日
top

©フラッフィー経営用語辞典

売上割戻し高

Send this to a friend