売上値引高

Sales rebates and discount
勘定科目 分類 詳細 計上される時期
損益計算書 収益 売上高 売上の値引きを行った時
法人税 売上値引きは売上高のマイナス項目です。原則として値引きが行われた日において益金の額をマイナスします。
消費税 原則として課税売上です。ただし、値引の対象となっている売上高が、課税対象外のものや免税売上、非課税売上に該当する場合にはそれぞれのマイナス項目とされます。なお、消費税の申告に祭事手は、原則として「対価の返還等」として取り扱われます。

売上値引高とは、販売した商品製品品質不良や数量不足、破損、または納期が遅延するなどの問題があった場合に、値引として「売上高」から控除した金額を計上する勘定科目です。また、販売促進などの目的で値引した金額も計上します。
小売業が消費者に商品を値引きして販売した場合も、売上値引の勘定科目となります。

売上値引高を処理する方法には、売上高から値引分を直接減額する直接控除法と、別途で『売上値引高』の勘定科目を設立して計上する間接控除法の2つがあり、実務上では間接控除法が多く使われています。売上高と売上値引額を正確に把握するためには「売上値引」勘定を用いた間接控除法で処理します。

  1. ・売上値引を行う場合は原則として、品質不良や数量不足、破損等の合理的な理由が必要で、合理的な理由のない値引は税務調査の際などに、『接待交際費』や『寄付金』として扱われる場合があります。
  2. ・売上値引高や売上戻り高などは、消費税の課税対象取引となるため、売上時に計上した消費税分も控除します。
  3. ・売上値引高は、代金の回収を通常よりも前倒しにした場合に支払う対価で、金融的な性格のものなので売上高からは控除せず営業外費用として扱われます。

 

 

売上値引高の摘要(取引例)

売上値引高-うりあげねびきだか- 品質不良による値引き-ひんしつふりょうによるねびき-
数量不足による値引き-すうりょうぶそくによるねびき- 商品破損による値引き-しょうひんはそんによるねびき-
納期遅延による値引き-のうきちえんによるねびき- ディスカウント販売-でぃすかうんとはんばい-
傷物商品の値引き-きずものしょうひんのねびき- 品違いによる値引き-しなちがいによるねびき-
値引販売-ねびきはんばい-

 

 

 

売上値引高の仕訳例

【直接控除法】販売した商品500,000円が傷物であることが分かり、掛から100,000円の値引きを行った

借方 金額 貸方 金額
売上 100,000 売掛金 100,000

 

 

【間接控除法】販売した商品500,000円が傷物であることが分かり、掛から100,000円の値引きを行った

借方 金額 貸方 金額
売上値引高 100,000 売掛金 100,000

 

 

大量の商品(2,500,000円)を購入してくれた取引先に対して、100,000円のディスカウントをした。なお、代金は掛で受け取っている

借方 金額 貸方 金額
売掛金 2,400,000 売上 2,500,000
売上値引高 100,000

 

 

関連用語

賞与引当金
賞与引当金とは、翌期に支払われる賞与(ボーナス)について、当期分に相当する部分を費用として ...
仮受金
仮受金とは、その取引の種類や内容が不明な場合、あるいは取引の内容は分かっているが金額が不明 ...
株式交付費
株式交付費とは、既存の会社が新株を発行した際に直接支出した費用です。『新株発行費』とも呼ば ...
仮払法人税等
仮払法人税等とは、中間申告や予定申告により納付した法人税等の支払金額を一時的に処理しておく ...
繰延税金資産
繰延税金資産とは、「税効果会計」の適用により生じる税効果額で、「将来減算一時差異」に係る法 ...
前払費用
前払費用とは、継続してサービス(役務)の提供を受ける契約に従い、支払った代金の内、いまだ役 ...
仮払金
仮払金とは、従業員の出張や取引先の接待などに際して、現金や小切手による支出をしたが、取引内 ...
未収金
未収金とは、本業以外の取引において発生した代価の未回収の代金および本業の取引で発生した債権 ...
 
2021年4月29日
top

©フラッフィー経営用語辞典

売上値引高

Send this to a friend