貸倒引当金

Allowance for doubtful accounts
勘定科目 分類 詳細 計上される時期
貸借対照表 資産の部 流動資産 貸倒引当金を設定したとき

貸倒引当金(かしだおれひきあてきん)とは、売掛金受取手形などの売上債権が回収不能になってしまう貸倒損失に備えて、期末に貸倒引当金をあらかじめ見積計上しておく勘定科目です。
貸倒引当金は「売掛金」「受取手形」「貸付金」「未収金」「立替金」などが対象となり、資産の部に計上します。

売掛金や手形などの債券に対して一定の繰入限度額まで計上することができるため、貸倒損失が発生しなかった場合でも保険・備蓄的な役割と節税効果があります。

なお、「前払金」「仮払金」「預け金」「保証金」「敷金」などは貸倒引当金の対象外となるため注意が必要です。
 

 

貸倒引当金の摘要(取引例)

貸倒引当金に当てはまるものには以下のようなものがあります。

貸倒金かしだおれきん 取引先の倒産などで回収不可能になった売掛金や手形などの損失金額です。
貸倒損失かしだおれそんしつ 上記と同じで、回収不可能となった損失です。
貸倒引当金繰入かしだおれひきあてきんくりいれ 貸倒引出金に設定額を組み入れること
貸倒引当金戻入かしだおれひきあてきんもどしいれ 貸倒引当金が翌期に取り崩されて戻ってくることです。
債権回収不能さいけんかいしゅうふのう 売掛金や手形などの債券が回収できない事態です。
債権償却特別勘定さいけんしょうきゃくとくべつかんじょう 債権が回収不能の恐れがあった場合に、一定の要件を満たすとき、債権の一部を債権償却特別勘定に繰り入れて、損金算入ができます
取立不能見込額とりたてふのうみこみがく 回収できない債券の見積もり金額です。

 

貸倒引当金の繰入限度額

貸倒引当金の繰入限度額は税法により①個別評価か②一括評価で区分計算した繰入限度額の合計額となります。

①個別評価

個別評価とは、あらかじめ回収が不可能なことが予想できている債権に対して、繰入限度額を定めることです。
その場合、最大50%の繰入が認められています。
 

②一括評価

一括評価は、普段通り回収する予定、または特に問題がない債券に対して、納入限度額を定めることで、過去の貸倒実積率から~%か(通常0.3~1.3%程)を繰入します。
 

 

貸倒引当金の仕分例

決算時、前期の貸倒引当金の残高100,000円を戻し入れた

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金 100,000 貸倒引当金戻入 100,000

 

当期の貸倒引当金を200,000円と設定した。

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金繰入 200,000 貸倒引当金 200,000

 

 

売掛金200,000円が貸倒れした。なお貸倒引当金は100,000円を設定している

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金 100,000 売掛金 200,000
貸倒損失 100,000

 

 

 

関連用語

交際費
交際費(こうさいひ)とは、自社の事業活動に関わる得意先や仕入 ...
貸倒損失
貸倒損失(または貸倒金)とは、売掛金や貸付金、受取手形などの ...
短期貸付金
短期貸付金(たんきかしつけきん)とは、仕入先や取引先、子会社 ...
前渡金
前渡金(まえわたしきん)とは、商品や原材料などの仕入前や外注 ...
社債発行費
社債発行費(しゃさいはっこうひ)とは、社債を発行するためにか ...
受取手形
受取手形(うけとりてがた)とは、企業の取引によって取得した手 ...
のれん / 営業権
のれん(または営業権)とは、企業の経営活動において形成された ...
2018年10月21日

貸倒引当金

Send this to a friend