資本準備金

Retained earnings
勘定科目 分類 詳細 計上される時期
貸借対照表 純資産の部 株主資本>資本剰余金 資本準備金を積立した時
法人税 資本準備金の額は税務上の「資本金等の額」を構成しています。資本金等の額は、寄付金の損金算入限度額、住民税均等割、事業税の外形標準課税などの計算に影響します
消費税 課税対象外です

資本準備金(しほんじゅんびきん)とは、会社法の規定による法定準備金として積み立てを必要とする資本剰余金の金額を計上する勘定科目です。
資本剰余金は「資本準備金」と「その他資本準備金」に分類され、「資本準備金」は資本金に準じる性質をもつもので、会社の設立や株式が発行された時に株主が払込・給付した資金のうち、2分の1を超えない金額を資本金に組み入れない場合は、資本準備金にすることができます。「その他資本準備金」とは自己株式処分差益や資本金の減資差益が該当し、資本準備金以外の資本剰余金のことを指します。
資本準備金は資本金への組入や欠損補填、またその他資本剰余金への振替に用いることができます。
 

 

資本準備金の摘要(取引例)

資本準備金に当てはまるものには以下のようなものがあります。

資本金組入(しほんきんくみいれ) 資本剰余金や利益剰余金を資本金に振り替えることです。
法定準備金(ほうていじゅんびきん) 資本剰余金や利益剰余金のように、法律で企業が積立てることを義務づけられているお金です。
欠損補填金(けっそんほてんきん) 利益剰余金がマイナスになっている時に、資本金や資本剰余金・その他資本剰余金を取崩して、利益剰余金に補填してマイナスを減らすお金です。
株式発行差金(かぶしきはっこうさきん) 株式を時価発行することにより生まれる額面金額と時価との差額です。
自己株式処分(じこかぶしきしょぶん) 企業が自己株式を売却や代用交付、または消却などして処分することです。
新株発行(しんかぶはっこう) 主に資金調達を目的として企業が新しく株式を発行することです。
剰余金の配当による積立 剰余金を株主への配当にあて積立することです。
減資による積立 減資により資本準備金に積立を行うことです。

 

 

 

資本準備金の仕訳例

株主総会の決議により、資本準備金のうち3,000,000円を資本に組み入れた。

借方 金額 貸方 金額
資本準備金 300,000 資本金 300,000

 

 

会社を設立し、発起人から普通預金200,000円の払込を受け、そのうちの2分の1を資本金とした。

借方 金額 貸方 金額
普通預金 200,000 資本金 100,000
資本準備金 100,000

 

 

欠損補填のために資本準備金1,000,000を取り崩した

借方 金額 貸方 金額
資本準備金 1,000,000 未処理損失 1,000,000

 

 

300,000円の自己株式を400,000円で処分し、現金で受け取った

借方 金額 貸方 金額
現金 400,000 自己株式 300,000
その他資本剰余金 100,000

 

 

関連用語

有価証券評価損
有価証券売買損とは、売買目的で一時的に保有している市場性を持つ有価証券を、取得価額よりも低 ...
有価証券評価益
有価証券評価益とは、決算時、会社が保有している市場性を持つ『有価証券』の時価と帳簿価額の差 ...
完成工事原価
完成工事原価とは、建設業特有の勘定科目で、請負工事契約に基づく工事の原価を計上する勘定科目 ...
工事未払金
工事未払金とは、建設業における『買掛金』にあたる勘定科目です。『買掛金』とは、通常の営業取 ...
未完成工事受入金
未完成工事受入金とは、建設業における『前受金』にあたる勘定科目です。『前受金』とは、商品を ...
未完成工事支出金
販売を目的として自らが製造・加工している途中の製品のことを『仕掛品』といいます。 未完成工 ...
完成工事未収入金
完成工事未収入金とは、建設業における『売掛金』に該当する勘定科目です。 『完成工事高』に計 ...
完成工事高
完成工事高とは、建設業の事業における『売上高』にあたる勘定科目です。 「工事完成基準」を採 ...
2021年3月28日
top

©フラッフィー経営用語辞典

資本準備金

Send this to a friend