勘定科目 分類 詳細 計上される時期
貸借対照表 負債 固定負債 社債を発行した時
法人税 特になし。
消費税 課税対象外です。

社債とは、広く外部から資金調達をするために将来の一定期日に一定の金額を償還することや約束した社債という有価証券を発行することにより発生する金銭債務です。
証券を発行して、資金を調達する意味では株式の発行と似ていますが、償還期限があるなどの点で異なり、負債である『社債』と自己資本である『株式』では本質が異なります。
また、長期の資金調達を目的とする意味では金融機関からの『長期借入金』とも似ていますが、社債は投資の対象となることや譲渡性があるなどの点で異なります。

  1. ・社債の発行にかかった費用は『社債発行費』です。
  2. ・社債には、普通社債や劣後社債、新株予約権付社債など様々な種類があります。さらに社債券に記名するか、担保があるか、利息の計算方法などがあります。
  3. ・社債はその償還期間が1年基準(ワン・イヤー・ルール)によって区分され、償還期限が貸借対照表日の翌日から起算して1年を超えるものは「固定負債」となりますが、償還期限が貸借対照表日の1年未満となった場合は「流動負債」に「1年内償還社債」の勘定科目で処理します 。

 
社債は割引発行されるのが一般的です。仕訳は発行価額で『社債』に計上し、額面との差額は償還期まで毎期一定の方法で価額を増加させていきます。社債発行差金に相当する額は社債金額から直接控除します。
なお、社債を社債金額よりも低い価額、または高い価額で発行した場合には、償却原価法に基づいて算定された価額をもって貸借対象額とします。
 

社債の摘要(取引例)

社債-しゃさい- 社債証券-しょさいしょうけん-
私募債発行-しぼさいはっこう- 社債発行-しゃさいはっこう-

 

 

 

社債の仕訳例

【発行した場合】資金調達のため額面総額10,000,000円の社債を発行し当座預金に入金した。なお償還期間は4年、利息は後払いの5%である。

借方 金額 貸方 金額
当座預金預金 10,000,000 社債 10,000,000

 

 

【利払いした場合】社債の利払い日につき10,000,000円の5%に相当する額を現金で支払った

借方 金額 貸方 金額
社債利息 500,000 現金 500,000

利払いした場合の金額は『社債利息』に計上します。
 

 

【償還した場合】社債を満期償還し、当座預金から10,000,000円を支払った

借方 金額 貸方 金額
社債 10,000,000 当座預金 10,000,000

 

 

関連用語

賞与引当金
賞与引当金とは、翌期に支払われる賞与(ボーナス)について、当期分に相当する部分を費用として ...
仮受金
仮受金とは、その取引の種類や内容が不明な場合、あるいは取引の内容は分かっているが金額が不明 ...
株式交付費
株式交付費とは、既存の会社が新株を発行した際に直接支出した費用です。『新株発行費』とも呼ば ...
仮払法人税等
仮払法人税等とは、中間申告や予定申告により納付した法人税等の支払金額を一時的に処理しておく ...
繰延税金資産
繰延税金資産とは、「税効果会計」の適用により生じる税効果額で、「将来減算一時差異」に係る法 ...
前払費用
前払費用とは、継続してサービス(役務)の提供を受ける契約に従い、支払った代金の内、いまだ役 ...
仮払金
仮払金とは、従業員の出張や取引先の接待などに際して、現金や小切手による支出をしたが、取引内 ...
未収金
未収金とは、本業以外の取引において発生した代価の未回収の代金および本業の取引で発生した債権 ...
 
2021年4月30日
top

©フラッフィー経営用語辞典

社債

Send this to a friend